ラジオ会館の歴史

秋葉原ラジオ会館の歴史を振り返ります。ギャラリーはこちらから、ご覧ください

前身

1893年(明治26年)

西東書房創業(西東書房は株式会社秋葉原ラジオ会館出版部として現在も存続)
創業者は、秋葉原ラジオ会館の創業者七條兼三の祖父七條愷

1916年(大正5年) 西東書房より『五體字類』初版発行(本書は改訂を重ね、現在も刊行中)

開業~2000年

1950年(昭和25年)

JR秋葉原駅前に、木造2階建ての秋 葉原ラジオ会館開業。
テナントは1階部分のみ、 2階は事務所と西東書房。

1950年(昭和25年)

隣接地に、同じく木造2階 建ての秋葉原ラジオ会館別館を開業
この別館は、1、2階とも テナント施設。

1953年(昭和28年)

株式会社秋葉原ラジオ会館を設立。

1962年(昭和37年)

既存の木造2階建て2棟の南側に、8階建ての秋葉原ラジオ会館電化ビルを建設
同ビルは秋葉原電気街初の高層ビルであった。

1972年(昭和47年)

木造2階建て2棟を取り壊し、新 たに新たに8階建ての秋葉原ラジオ会館新館を建設

南側のビルと合体し、秋葉原ラジオ会館本館が完成。

1976年(昭和51年)

秋葉原ラジオ会館7階に、日本電気がBit-INN東京を開設
マイコンブームの火付け役となる

1996年(平成8年)4月 神田鍛冶町に、BOOKSりんご屋オープン
1998年(平成10年)

秋葉原ラジオ会館に、K-BOOKS、海洋堂、ボークスが出店
秋葉原がフィギアの街になっていくきっかけとなる。

2000年(平成12年) 秋葉原ラジオ会館にイエローサブマリンが出店

2001年~

2001年(平成13年)8月 Bit-INN LOUNGE(旧Bit-INN東京)閉鎖
2001年(平成13年)8月 秋葉原ラジオ会館7階に、『パーソナルコン ピュータ発祥の地』のプレート設置
2001年(平成13年)8月 ビル正面に「世界の ラジオ会館 秋葉原」のネオン看板設置
2003年(平成15年)3月 BOOKSりんご屋神田鍛冶町店閉店
2003年(平成15年)8月 BOOKSりんご屋清澄白河店オープン
2011年(平成23年)3月 東北地方太平洋沖地震の影響により一時休館(3月11日 - 3月18日)
2011年(平成23年)8月4日 秋葉原ラジオ会館本館が閉館
2014年(平成26年)7月20日 新ビルオープン